professional computer

誤って削除してしまったら

データ喪失時の対応方法

サラリーマン

パソコンを使用しているときに、データを喪失することがあります。ハードディスクのトラブルや人為的なうっかりミスなど様々な原因があります。 データを失う原因によっては、データ復旧がほぼ不可能な場合もありますが、人為的にうっかり消去してしまった場合などはデータ復旧できることがあります。 HDDがクラッシュするなどのハード部分の破損の場合は、個人ではデータ復旧は、ほぼ不可能といってよいでしょう。 よほど大事なデータでもない限り諦めるしかないようです。専門の業者であれば不可能ではないのですが費用が掛かりすぎるため復旧したいデータに見合うかということになれば諦めた方が得策というものです。 しかし、誤ってフォーマットした場合やごみ箱から消去した程度のことなら業者に頼らずともデータ復旧できる可能性はあります。

データ復旧の方法

誤ってフォーマットしたりゴミ箱から削除したなどといった程度であれば比較的簡単に市販の復旧ソフトで割合簡単に復旧ができる可能性があります。 様々なものが販売されていますが数千円から1万数千円で購入できるものがあります。 とはいえ、何度も使う必要があるソフトでもないわけです。おそらく一回しか使わない可能性がありますので復旧するデータがそれに見合うかどうか考えておく必要があります。 もう一つ注意が必要なのが消去した時点で慌てていろいろな復旧作業をしてしまうと事態を悪化させてしまう事があります。 実は、HDDをフォーマットしたり、データを消去してしまったと言っても実際にはデータそのものは残っています。 ただ、上書きできる状態になっているだけです。ですから、復旧が可能になるわけです。 ですから、慌てて何度も再起動したり手探りで復旧を試みたりすることでデータの上書をしてしまいますとかえって復旧を難しくしてしまいます。